TOP > クラブ > ヒストリー > 年表 > 歴史年表 1996-2000

クラブ

歴史年表 1996-2000

1995年からJリーグを歩んできたレイソルの歴史です

1996

エジウソン大爆発
怒涛の12連勝でリーグ5位に躍進

平塚(現・湘南)のヘッドコーチ、ニカノールを監督に招聘した。
平山智規、明神智和、根引謙介、砂川誠ら「96年組」の若手が加入。だが、最も存在感を示したのはブラジル人FWエジウソンだった。

G大阪戦で当時のJリーグ記録となる1試合5得点の大暴れ。
チームも第8節の清水戦から第19節の磐田戦までリーグタイ記録となる12連勝。出入りの激しい攻撃的なサッカーで年間順位5位とした。

ニカノールはJリーグ最優秀監督に輝き、JFL時代からチームを牽引してきたカレカがこの年限りで引退した。

成績
J1リーグ 20勝10敗 67得点/52失点 5位
ヤマザキナビスコカップ 予選L:Aグループ7勝3分4敗(1位)
決勝T:ベスト4進出
天皇杯 4回戦敗退
リーグ戦チーム最多得点 エジウソン(21得点)
トピックス
2.14 国際親善試合「日本代表vsオーストラリア代表」に沢田謙太郎が初先発出場
4.17 柱谷幸一がレイソル通算100点目となるゴール
5.4 第12節ガンバ大阪戦でエジウソンが5ゴール
7.21 アトランタ五輪で西野朗監督率いる日本がブラジルを破る大金星
9.21 浦和に0-7で大敗、リーグ戦連勝が12でストップ
11.2 カレカの現役引退を発表
11.9 カレカ、平塚との引退試合でゴールをあげる

1997

スーパールーキー北嶋秀朗新加入
ニカノール体制の終焉

ニカノール監督のサポート役として、五輪代表の仕事を終えた西野朗がヘッドコーチとしてチームに復帰した。
DFの柱アントニオが急遽移籍するも、新加入のジャメーリが、その穴を補って余りある攻撃力を発揮。
エジウソンとのコンビで得点を重ねチームの快進撃に貢献、第7節の名古屋戦で昇格後初の首位の座に躍り出た。

高校選手権で活躍した北嶋秀朗、U-19日本代表の大野敏隆の加入もこの年。
しかし1stステージの好成績とは対照的に2ndステージが10位に終わると、ニカノール監督の退任が決定した。

成績
J1リーグ1stステージ 11勝5敗 34得点/18失点 3位
J1リーグ2ndステージ 7勝9敗 29得点/31失点 10位
ヤマザキナビスコカップ 予選L:Dグループ3勝2分1敗(1位)
決勝T:ベスト8進出
天皇杯 ベスト8進出
リーグ戦チーム最多得点 エジウソン(23得点)
トピックス
2.5 鹿児島県国分市(現・霧島市)でキャンプイン
4.10 アントニオの移籍を発表
5.7 3連勝をあげ、初の首位に立つ
6.29 ワールドユース「日本代表vsガーナ代表」に明神智和、大野敏隆が出場。ベスト8進出を果たす
8.13 ゼ・セルジオ監督を解任
11月 国際親善試合「日本代表vsブラジル代表」に渡辺毅が初出場
11.12 あけぼの山農業公園芝生広場が完成

1998

西野新体制も1年目は振るわず
ストイチコフが魅せたワールドクラスの力

ニカノールに代わって西野朗コーチが監督に昇格する。
開幕当初は好調を発揮したが、守備の崩壊とともに失速していく。特に新たに獲得した外国籍選手が機能せず、5月下旬にチームを去った。

だが彼らに代わってクラブが獲得したのは、94年ワールドカップ得点王で欧州最優秀選手に輝いたストイチコフ。
ワールドクラスの妙技で観衆を魅了した。西野体制1年目は1stステージ10位、2ndステージ8位と、順位としては振るわずに終わったが、明神智和や南雄太が五輪代表候補に選ばれるなど、今後への期待を覗かせた。

成績
J1リーグ1stステージ 9勝8敗 32得点/35失点 10位
J1リーグ2ndステージ 9勝8敗 24得点/26失点 8位
ヤマザキナビスコカップ 予選L:Bグループ3勝1分1敗(予選敗退)
天皇杯 4回戦敗退
リーグ戦チーム最多得点 ベンチーニョ(13得点)
トピックス
4.1 柏市に「ホームタウン推進室」が設置される
5.2 ブルガリア代表FWストイチコフを獲得
8.8 C大阪に7-5で勝利。両チーム合計得点「12」はJリーグ新記録
11.6 「柏レイソル市民の会」と「クラブレイソル」が合体し、「柏レイソル後援会」が発足
12.22 韓国代表DF洪明甫の獲得と、西野朗監督の来季続投を発表

1999

ナビスコカップ初戴冠
最強の3バック形成

この年レイソルは大きな転機を迎えた。
平塚(現・湘南)から洪明甫、消滅した横浜Fから薩川了洋が加入。この両者が渡辺毅と3バックを形成したことで、守備力が大幅にアップした。

特に韓国代表でもキャプテンを務める洪明甫の存在は大きく、彼が後方からチームを鼓舞することで、北嶋秀朗、明神智和、大野敏隆、平山智規ら若い選手たちの急速な成長を促した。
リーグ戦では1stステージ、2ndステージとも4位で年間総合順位は3位。ナビスコカップでは鹿島との壮絶な決勝戦をPK戦の末に制し、初のタイトルを獲得した。

成績
J1リーグ1stステージ 10勝0分5敗 26得点/18失点 4位
J1リーグ2ndステージ 10勝1分4敗 23得点/18失点 4位
ヤマザキナビスコカップ 決勝T:6勝1分2敗(優勝)
天皇杯 ベスト4進出
リーグ戦チーム最多得点 ベンチーニョ(10得点)
トピックス
1.6 玉田圭司、杉山新の加入を発表
4月 「柏レイソル後援会」が発足「レイソル後援会」に名称変更、活動地域を拡大
4.24 ワールドユースナイジェリア大会で日本が準優勝。南雄太が出場
柏の葉公園総合競技場がオープン、こけら落とし
6.1 柏市が柏レイソルに出資
7.1 ストイチコフの退団を発表、翌日バデアの加入を発表
11.3 ナビスコカップ決勝戦vs鹿島戦に勝利、初のタイトル獲得。大会MVPに渡辺毅
12.3 Jリーグ優秀選手に洪明甫、明神智和、渡辺毅が選出

2000

日本人選手の戦力が充実
あと一歩に迫ったステージ優勝

日本人選手の層が充実し、過去最高の成績を収めたシーズンだった。
北嶋秀朗はこのシーズン18ゴールを挙げ得点王争いにも参戦。

明神智和はシドニー五輪に出場しただけでなく、A代表でもアジアカップ優勝に貢献。
そこに平山智規や大野敏隆の成長も加わってチーム力が格段にアップした。チームは年間を通じて好調を維持し、2ndステージ第14節の名古屋戦を逆転で勝利すると2位に浮上。

最終節鹿島との直接対決で勝てば優勝というところまで迫るも、スコアレスドローでステージ優勝は逃した。
しかし年間勝点数ではリーグ1位となり、Jリーグの1シーズン制を促すきっかけとなった。

成績
J1リーグ1stステージ 10勝0分5敗 25得点/22失点 4位
J1リーグ2ndステージ 11勝1分3敗 23得点/10失点 2位
ヤマザキナビスコカップ 決勝T:1勝1分(2回戦敗退)
天皇杯 4回戦敗退
リーグ戦チーム最多得点 北嶋秀朗(18得点)
トピックス
4.1 第4節FC東京戦に勝利、Jリーグ100勝目
5.10 前年のJ1得点王、黄善洪獲得
6.1 「(株)日立スポーツ」から「(株)日立柏レイソル」に社名変更
クラブステートメント「生活がスタジアム。」を発表
9.23 シドニー五輪で日本はベスト8の成績を収める。予選含めた全試合にMF明神が出場
11.26 第15節鹿島戦に引き分け、ステージ優勝を逃す
11.30 優秀選手に薩川了洋、渡辺毅、洪明甫、明神智和、北嶋秀朗が選出
12.11 ベストイレブンに洪明甫、明神智和。最優秀監督に西野朗監督選出

All Rights Reserved, Copyright (C) KASHIWA REYSOL